意外とたくさんあったバイトルの短期・日払いバイト

バイトは大きく分けて「長期」「短期」があります。継続的に稼いでいきたいなら長期、一時的にお金が欲しかったり長いお休みを利用して働きたいなら短期がオススメです。

短期は学生からも支持率が高く、比較的敷居が低めと言えるでしょう。短期アルバイトの魅力はなんといってもすぐにお給料をもらえることです。

会社やお店などによって支払いの条件は違ってきますが、よく見かけるのは「日払い」「週払い」「即日払い」ではないでしょうか。即日払いは「即金」と呼ばれることもあります。

これらのバイトですが多かったのは「バイトル」です。特にバイトル関西など、比較的人口が多い地方(大阪や神戸)に集中してたくさん短期バイトがあります。

また気になるの「短期バイト」の違いについて知っておくといいでしょう。

日払い

「日払い」についてですが、これは1日単位で支払う仕組みを言います。つまり1日で締めとなるのですね。ただしあくまで“締め”ですので、すぐに支払われるとは限りません。

会社規定の支払日にお給料が降り込まれますから、急いで稼ぎたい!という人にはあまり向いていないと言えるでしょう。一般的に半月(約2週間)ほど遅れて支払われることが多いですね。

バイトルの短期バイトでは3カ月以内に続き良く見かける雇用形態ですね。

週払い

週払いはなんとなく察しがつくかと思いますが、文字通り週ごとにお給料が支払われる仕組みを言います。

週ごとに支払われるなら毎日が締めになる「日払い」の方がいいんじゃないか、と考える人も中にはいると思いますが、メリットばかりではないのです。

なぜかと言いますと、所得税が関わってくるためです。日払いや週払いでは会社が負担するため、そのぶんお給料が減るのです。

場合によっては月払い、いわゆる月給の方が稼げますので、良し悪しといった感じです。こちらはバイトルでは求人がかなり少ないです。

即日払い

最後に「即日払い」ですが、これはよく「日払い」と勘違いされています。即日払いはその日のお仕事が終わればすぐにお給料を支払ってもらえます。

半月待たずとも、仕事が終わり次第その場でもらえるのが魅力です。中には現金手渡しという支払方法をとっているところもありますので、わざわざ口座から振り込まれた分だけお金をおろす…といった手間も省けます。

「今すぐにでもお金が欲しい!」「急にお金が必要になった!」そういう時は日払いや週払いより即日払いの方がオススメです。

即日払いは単発のお仕事が多いので、求人情報を探す時に“単発”の条件を加えるとよいでしょう。

今は短期アルバイト向けの求人サイトもありますから、どんどん活用していきたいですね。