ホールもキッチンも仕事は大変

飲食店でアルバイトをする時、ホールスタッフで応募するかキッチンスタッフで応募するか、とても悩むでしょう。

ホールスタッフの方が楽と言う人もいればキッチンスタッフの方が楽と言う人もいます。

しかし「楽な仕事なんてない」という言葉通り、ホールスタッフもキッチンスタッフも同等に大変な部分があります。

ですが人間は全員が同じ感性を持っているわけではありません。人によって“大変”と感じる部分と“楽”と感じる部分が違うのです。

そのためホールスタッフかキッチンスタッフかで悩んでいるのであれば、仕事内容を比べて検討し、できるだけ自分に合う方を選ぶといいでしょう。

ホールスタッフは接客が主体ですので直にお客さんの声を聞くことができます。お客さんの声はいいものもあれば悪いものもあり、時にはストレスとなってしまうような声もあるでしょう。

キッチンスタッフは直接お客さんと関わることがないため接客が苦手な人にオススメですが、メニューやレシピをしっかり覚えなければなりません。

どちらかというとキッチンスタッフの方が覚えることは多いですね。だからといってホールスタッフは覚えることが少ないのか?と言うと、そうではありません。お客さんからの追加注文もありますし、記憶力が必要です。

あちらの杭を打てばこちらの杭が出てしまう、そんな感じですね。ですのでやはり“自分に合う方を選ぶ”のが一番でしょう。